泌尿器科医は当直が多い?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医は当直が多い?

泌尿器科医は当直が多い?

泌尿器科医ですが、勤務先として病院もあればクリニックもあります。病院であれば、入院病棟を抱えているケースが多く泌尿器系の病気を患っている患者が入院している可能性もあります。そうなると、月に何度か当直を経験する必要があるでしょう。特に高齢化が進んでいて、年齢を重ねれば重ねるほど前立腺肥大に伴う頻尿や排尿障害を抱える人が多くなります。ですから今後は泌尿器関係の入院患者が増える可能性もあって、病院勤務している泌尿器科医は当直を求められることも多くなるでしょう。

一方で日本全国的に泌尿器科クリニックもいろいろと開業しています。クリニックの場合、入院病棟を抱えていない医療機関もたくさんあります。この場合、当直を求められることはないでしょう。もし当直を月に何度か経験して、昼夜逆転の生活リズムの乱れた環境で仕事をするのは嫌だというのであれば、クリニックの募集にターゲットを絞って転職活動をすると良いでしょう。ただしクリニックのすべての案件が当直なしかというとそうでもないので注意が必要です。

「クリニック」という名称で開業している医療機関でも、入院病棟を何床・何十床抱えているところもあります。この場合には、当直業務を任されることもあるでしょう。また入院病棟のないクリニックでも夜に診療をお願いされることもあり得ます。高齢化が進んでいる現在、自宅療養している慢性期の患者も増えてきています。そのような自宅療養している患者を対象にして、在宅医療を展開しているクリニックも出てきています。この場合、夜中などに患者の容体が急変してその自宅に急行しなければならないということもあるかもしれません。そうなるとオンコール待機といって、仕事はしていないもののコールがあった場合にすぐに駆けつけられるように準備しておかないといけません。クリニックといっても当直とか、夜中に急に呼び出されることもあり得ます。このようなことがないか、求人情報に詳しい要項が記載されているはずなので、当直をできるだけ回避したいと思っている泌尿器科医はチェックを怠らないようにしましょう。

入院病棟があるとか、オンコール待機のあるクリニックでも中にはこのような当直・オンコール待機には非常勤の泌尿器科医を確保しているケースもあります。当直のバイトですが、募集を出すとけっこう応募の来ることも少なくないです。金銭面で恵まれていて、1回の当直で4〜5万円程度もらえる案件も多く、ちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚で応募する泌尿器科医も多いです。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.