泌尿器科医の現状は?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医の現状は?

泌尿器科医の現状は?

泌尿器科への転職を考えている方の中には、泌尿器科の医師が現在にどういった現状にあるのかを把握したいと思っている方が多いのではないでしょうか。いくら将来が明るい診療科だったとしても、今現在を生きているわけですから、現状の処遇などが悪いと感じる場合には、転職をしたいとは思わないものではないでしょうか。泌尿器科という診療科は、肉体の中でも非常にデリケートな部位を扱うものです。こういったことから、何気に成り手はそこまで多くはなく、好き嫌いの激しい診療科といえるのです。

泌尿器科が置かれている現状を見てみると、充実している医療機関もあれば、医師不足に喘いでいる医療機関も存在しているといった状況です。大規模な医療機関であれば、やはり都市部の医療機関であれば人員補充がなされており、ある程度に好待遇で迎えられることも多いものです。その一方で医師人口の絶対数が多いということからも、競争率が高く、何気に的確な転職活動をしていかないと転職成功に導くことは難しいと言えます。

一方で地方エリアの医療機関であれば、やはり人口の減少も相まって医師不足の傾向も見られています。しかしながら、その分患者さんの数もそこまで多くはないことから、待遇面では都市部の泌尿器科の給与などよりも下回ってしまう傾向が見られています。しかしながら、やはり高齢者が多いということや、これから先も高齢化が進むことを考えると、地方エリアのクリニックや総合病院は、将来性に明るく狙い目だとも言えるでしょう。

他にも外科や小児科、産科といった診療科と比較すると、訴訟リスクなどが非常に低い診療科であるため、そこまで医師不足の状況には陥っていないというような傾向が見られています。ある一定のドクターには人気の高い診療科であるということです。また他の診療科に比べるとQOLというものが充実できる傾向があるのです。プライベートも充実させたいというのであれば、泌尿器科の医師はかなりオススメです。

総合病院や大学病院といった大規模な医療機関へと転職をすることも可能ですし、泌尿器科を専門にしたクリニックなどへの転職も実現させることが出来るというのが現状です。更にいえば、透析センターなどへの転職も実現させることが出来ますから、選択肢が豊富であるというのも現状なのです。泌尿器科の医師の置かれている現状としては、何気に転職先の選択肢が広く、転職活動次第では、非常に多くのチャンスに恵まれているといえるのです。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.