泌尿器科医に求められる性格は?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医に求められる性格は?

泌尿器科医に求められる性格は?

泌尿器科医向きかどうかですが、まず性別が関係してくるでしょう。泌尿器科を訪れる患者の割合を見ると全体の7〜8割と大半が男性によって占められています。女医の場合、やはり診察する方もされる方も恥ずかしいでしょうから、気軽に診察の受けられる男性の泌尿器科医の方が好ましいです。実際泌尿器科の中には患者に余計な心理的負担を感じさせないように、医者から看護師に至るまですべて男性で固めているようなところもあります。

ただし女性の泌尿器科患者も皆無ではないです。このような女性患者のために、女性専用の泌尿器科クリニックもあります。やはり女性の患者の中で普通の泌尿器科を受診すると他のほとんどが男性なので恥ずかしいと感じる人も多いです。このような女性専用の泌尿器科クリニックはまだ数は少ないものの、都市部を中心に出てきています。女性の泌尿器科医はこのような女性専用のクリニックの募集が出ていないかどうかチェックしてみると良いでしょう。

泌尿器科医向きかどうかですが、患者の立場に立って診察できるかどうかもポイントになります。やはり泌尿器科の診療箇所が箇所なので、女性でも男性でも受診するのはなかなか勇気のいることです。診察するにあたって、局部を医者に診せないといけないケースも多々あります。これは患者にとってはかなり恥ずかしいことです。そのことを感じ取って、極力無機質に診察できるような医者の方が泌尿器科医としては適しているといえます。機械的に診察を行うことで、患者の恥ずかしさも何度も治療を受けていくうちに徐々に和らいでいきます。

また泌尿器科クリニックの中には、性機能に特化したクリニックというのもあります。性機能に関する治療は自由診療扱いになって、治療費は全額患者の負担になるケースも珍しいことではないです。そうなると患者というよりもお客さんといった感覚で接した方が良いでしょう。キメの細かな、相手の求める医療サービスを提供して満足度の高い施術を行う必要があります。そこで接客というものに抵抗感を持っていない泌尿器科医は向いているといえます。例えば学生時代などにサービス業などのバイトの経験があって、やっていて楽しかったと思っている人は泌尿器科医向きといえます。病院の患者という感覚で仕事をしていると、違和感を抱くかもしれません。

泌尿器科医は扱う部分がデリケートです。そのことを慮って診療が行えるかどうかが、適性を判断するにあたって最も重要なポイントといえるでしょう。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.