泌尿器科医の夜勤は?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医の夜勤は?

泌尿器科医の夜勤は?

泌尿器科医の中には、できることなら夜勤を避けたいと思っている人もいるでしょう。月に数回夜勤があると、どうしても生活のリズムが狂うので睡眠不足に陥るなど自分の健康面でマイナスになってしまうこともしばしばです。泌尿器科医で夜勤を避けたいのであれば、クリニックの募集を探してみることです。クリニックであれば、入院病棟を抱えていない医療機関もたくさんあります。そうなれば、夜勤を担当することはなくなります。また受付も一定時間が来れば打ち切りますので、ある程度終業時刻も計算できます。長時間残業を強いられることもあまり多くはないでしょう。

病院などは入院病棟がありますので、泌尿器科医は月に何度か夜勤を担当することもあるでしょう。ただし泌尿器科医の夜勤ですが、内科や外科のそれと比較するとそこまでハードなことにはならないはずです。内科や外科の入院患者の中には病状の深刻な方も見られます。もしかすると夜間、容体が急変することもあるかもしれません。その場合には、迅速かつ的確な治療を実施しないと患者の命を救えなくなる恐れもあります。ですから病院によっては、夜勤中仮眠をとっているときでもなかなか体を休められない、緊張感が抜けないというケースもあるでしょう。

しかし泌尿器科の場合、排尿トラブルなど内科や外科ほど深刻な病状を抱えている患者はあまり多くないです。腎疾患の中でも症状が結構進んでいる患者がいれば、それなりの緊張感を持って夜勤も担当しないといけないかもしれませんが、内科や外科ほどの大変さではないでしょう。また重大な疾患を抱えている場合には、泌尿器科だけで解決できる問題ではないことも多いです。その結果、内科などの他の診療科に回すこともしばしば起こりえます。

それでも夜勤の担当はNGと思っているのであれば、泌尿器科クリニックの求人情報にターゲットを絞って情報収集することです。ただし最近では、けっこう夜遅くまでクリニックを開院しているケースも増えてきています。特に都心部の泌尿器科クリニックの中では、平日仕事帰りでも立ち寄れるように夜9時とか10時まで開業している医療機関も見られます。一晩中勤務をすることはないかもしれませんが、夜遅くまで仕事を続けないといけなくなるので求人情報の勤務時間などはクリニックであっても見落とすことなくチェックしておきたいところです。逆に夜勤の仕事をしてみたいという泌尿器科医がいれば、夜勤先住の募集の出ることもあるので、応募を検討してみてはいかがですか?

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.