泌尿器科医の休日事情は?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医の休日事情は?

泌尿器科医の休日事情は?

泌尿器科医の休日ですが、どこで仕事をするかによって変わってきます。まず病院ですが、休日は4週8休制といったシステムをとっているところが多いです。しかし何曜日が休日になるかについては、ローテーションで決めていることが多いです。このため、土日のようなカレンダー通りに休みにならない可能性があります。

クリニックで泌尿器科医として仕事をする場合、けっこう日曜祝日はクリニックが休みというところが多いです。このため、日祝日は休みでその他週に1日休みのあるようなシステムで休日を回している医療機関が中心となります。土曜日については休診日としているクリニックもある一方で、他の曜日を休診日としているところも少なくないです。どのような休日態勢をとっているかは、求人情報に詳しく記載されているはずなので応募する前にしっかりチェックしておきましょう。

クリニックは先ほど紹介したように日曜祝日休みというところが多いのは確かです。しかしこれも多様化してきていて、必ずしもクリニックでも日曜日や祝日が休診日とはなっていないケースもあります。特に東京の中心部で開業しているクリニックにみられるのですが、日曜日でも営業しているクリニックが出てきています。都心部には泌尿器科系のクリニックを開業しているところも多く、激戦区になっているエリアも見受けられます。その中で競争に勝ち残っていくためには、他の医療機関とは異なる独自性を出していく必要があります。その一環として、日曜日でも開業していることをアピールする泌尿器科クリニックも出てきています。なかなか平日仕事が忙しくて泌尿器科に行けない人のために、日曜日でも診察しましょうというわけです。

またこれも都心部のクリニックでしばしば見られるのですが、診療日は夜遅くまで開業しているという医療機関も結構増えてきています。夜10時とか11時まで開業しているクリニックもあって、仕事終わりに受診できるように配慮しています。このように同じ泌尿器科でも働き方は多種多様なので、求人情報を細かなところまで確認しておきましょう。

病院とクリニックを比較すると、病院の方が休日は少なめの傾向が見られます。だいたい病院の場合、年間休日数は100〜110日といった案件が多いです。クリニックの場合、年間休日数が120日を超えているような求人もしばしば出ています。ワークライフバランスを重視して転職しようと思っている泌尿器科医がいれば、クリニックを中心に情報収集してみると良いでしょう。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.