泌尿器科医の将来性は?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医の将来性は?

泌尿器科医の将来性は?

泌尿器科という診療科では、尿道といったものや膀胱、更には男性の生殖器などに関しての治療を行なっていくことになります。主な疾患としては、前立腺がんや尿道結石といったもの。更には膀胱炎などの疾患が多く見られます。その上で透析の管理なども行なっていくことになるのです。臨床工学技士の仕事ではないかということも挙げられますが、基本的に管理をしていくのは泌尿器科の医師になりますから、幅広い知識が必要になってくるわけです。

泌尿器科が担当する前述に示したような疾患の多くは、若い世代にはあまり見ることがなく、高齢者であればあるほどにその発症率が高くなる傾向が見られます。現代でもすでに高齢化社会の傾向が見られていますが、これから先の世の中になれば、超高齢化社会になることが予測されていますから、泌尿器科の需要が高まることは、現代以上に予測されているのです。こういったことから、需要が高まるわけですから、将来性は明るい状況にあるといえるでしょう。

泌尿器科の場合、需要がいつの時代でも一定数あるにも関わらず、肝心な医師そのものがあまりなりたがらない診療科という特徴を持っているのです。これは担当している肉体の部位が男性器ということもあって抵抗を持ってしまうケースが少なくないのです。特に女性ドクターでの泌尿器科の成り手というものは少ない傾向が見られているのです。こういったことからも、何気に一定数の求人を見つけることが可能なのです。

ただし、外科ほどに激務ではありませんし、訴訟リスクが高いといったような診療科でもありませんから、男性のドクターを中心として、ある程度の成り手が存在しているのです。ですから、他の小児科や産婦人科などのように、医師不足が深刻化している診療科と比較すると、求人数は多くはありません。ただし、歯科医師などの人気の高い診療科と比較すると、ある一定数のニーズを有している診療科でもあるのです。

将来性といったものを考えると、将来に関しても非常に明るい診療科であるといえるのが、泌尿器科の医師といえるでしょう。QOLなどを重視する場合には、小規模なクリニックや透析センターといった勤務時間が定まっているような勤務先を選択すべきでしょうし、より高度な医療技術などを身につけたいのであれば、総合病院や大学病院などの規模の大きな医療機関を選択するのがベストだと言えるでしょう。将来性が明るいからこそ、キャリアパスをしっかりと生成し、それにマッチした転職先を選択したいところですね。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.