泌尿器科医の60代の求人は?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医の60代の求人は?

泌尿器科医の60代の求人は?

泌尿器科医の場合、他の一般的な職種と違ってけっこう年齢が上になっても転職できるチャンスはあります。しかし40代とか50代であればまだ十分チャンスがありますが、60代に差し掛かってくるとさすがの勤務医としての募集は少なくなってきます。ですから今仕事をしている人はその職場を辞めることなく、並行して転職活動を行った方が安心です。数は少なくなるかもしれませんが、あることはありますのでじっくりと自分の希望する条件に沿った求人が出ていないかチェックすることです。

60代の泌尿器科医の求人を見てみると、まず総合病院などの募集が時折出ています。総合病院のような大手の募集の場合、バリバリの臨床医としての活躍ではなく、後進の指導役としての役割を期待されていることが多いです。60代で泌尿器科医をしている人は、かなりのキャリアを有しているでしょう。その中で培ってきたノウハウを後進に教えることで、医学界の発展に寄与する役割を担います。後輩の医者からいろいろと質問されることもあるでしょうが、わかりやすい言葉で説明するように心がけましょう。

また60代を対象にした泌尿器科医の募集を見てみると、老健のような介護施設の募集もしばしば見られます。高齢者の場合、頻尿などの排尿トラブルを抱える人も増えるのでその人たちの診療などを担当します。若い医者よりも自分たちと年代の近い医者の方が、気軽にいろいろと相談できるという入所者の意見を反映しています。老健の場合、非常勤としての案件も結構見られます。中には週3日勤務から相談に乗ってくれるような案件も見られます。60代に差し掛かってくると、体もいろいろと無理がきかなくなってくる人も多いはずです。そのような60代の方にとって、非常勤は無理のない範囲で仕事を続けられる魅力的な求人となるでしょう。

また高齢者を対象とした求人として、訪問診療の案件も地方を中心としてしばしば見られます。泌尿器系の病気を患っている人の中には、症状が比較底安定している患者も少なくありません。そのような人は退院して自宅療養するケースも結構増えています。定期的に患者の自宅を回って診療するのが主な仕事です。訪問診療ですが、医者にお任せというクリニックも結構あります。ですから自分のペースで診察ができるとして、人気があります。自宅療養している患者も高齢者が比較的多いので、60代の年齢の近い医者の訪問を歓迎する傾向も見られます。このように60代でもまだ転職するチャンスは十分あります。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.