泌尿器科医の50代の求人は?

泌尿器科求人TOP >> FAQ >> 泌尿器科医の50代の求人は?

泌尿器科医の50代の求人は?

泌尿器科で50代に差し掛かって転職を検討している人もいるでしょう。しかし通常の会社の場合、50代にもなると定年の時間が短いのでなかなか採用されない側面があります。このことはインターネットでもしばしば紹介されているので、転職できるものならしてみたい50代の泌尿器科医の中にはすでにあきらめてしまっている人もいるかもしれません。しかし泌尿器科医の場合、50代を過ぎても新天地を求めて転職している人も少なくないです。

50代の泌尿器科医の転職を見てみると、キャリアチェンジをしている傾向が見られます。たとえばそれまで臨床医として仕事をしてきた人が、研究医としてキャリアチェンジをするパターンがあります。研究医として臨床だけでなく、研究を目指すことで泌尿器科医としての視野を広げることもできます。またそれまで勤務医としてキャリアを重ねてきた人が、経営医として独立開業するケースも見られます。独立開業することで、経営の勉強をすることも可能です。

通常転職活動をする場合、自分で求人情報を探して目ぼしい案件を見つけて応募するパターンが一般的です。しかし50代になると、ヘッドハンティングで転職するパターンも結構見られます。50代でずっと泌尿器科医としてキャリアを積み重ねていると、病院の経営者の関心を集めることも多いです。結構50代の泌尿器科で転職するケースとして、理事場などの肝いりの場合も見られます。ですからもし50代で転職を検討しているのであれば、それまでにいろいろなところに人脈を構築しておくことが大事です。そうすれば、実績を積み重ねていくと、思わぬところから声のかかることも十分考えられます。50代でヘッドハンティングをされて転職する場合、もしかすると給料などの待遇がかなりアップする可能性もあります。

50代で転職する場合、転職先に何を望むかということをしっかり検討しておくべきです。これをあいまいにしてただ漠然と「転職したい」と思っただけで実際に活動してしまうと、的外れの職場を転職先として選んでしまう恐れもあります。若い頃であれば、キャリアアップできるところとか給料の良いところに転職したいといった感じである程度共通の目標があったでしょう。しかし50代になるとそこまで上を目指そうという野心もなくなるかもしれません。プライベートな時間をもっと確保したいとか、後進の指導のできるような環境で仕事をしたいなどいろいろな目的が出てくるでしょうから、自分なりの転職理由をまずは明確にすることが先決です。

泌尿器科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 泌尿器科医募集ナビ All Rights Reserved.